We sit down with the Founder of the International Conference for Women in Business

We recently sat down with the Founder of the International Conference for Women in Business, Kaori Sasaki-san to discuss her journey in pursuit of female empowerment, as well as the upcoming conference.
日本語文も続く


You have had a very accomplished life as a speaker, CEO, author, founder, board member, consultant, advocate, media figure and mother. Can you tell me about what you think had led to such success for you and how it led you here today?

A: I’d need three days to talk about all that! I started working when I was in high school. I haven’t gotten any financial support since then. I think working hard and establishing trust was the key to my success. There were no entrepreneur role models back then, so I had to be very creative and carve out my own path. 

I did a lot of “first” things, or at least the first as a woman. I started the very first women’s business network in Japan, the first website for women in Japan, and then the first businesswomen’s conference in Japan, The International Conference for Women in Business.

I really believe that when you think anything is possible, and then surround yourself with people you can learn from, then you just execute, step by step. If you take responsibility for what you’re doing and put the work in, you’ll succeed. 


What would you say to organizations that don’t think gender diversity in Japan should be a focus, bearing in mind that Japan sits at 115 on the World Economic Forum’s 2020 Global Gender Gap Index in terms of economic participation and opportunity, the lowest amongst advanced democratic countries?

A: Yes, even though the Equal Opportunity Law was enacted 35 years ago, the gender gap is still huge, meaning that the decision-makers are all men – in politics, in corporations, and the media. So, it’s very difficult for them to give up seats to women. But if they understand that women will help them reach their goals, they will open the door. So, the data is very important. If it’s framed as a gender equality issue, they may do a little, but not really seriously. That is why I’ve been talking about diversity of thought for 30 years and have invented “Diversity Index”. Having women at the table adds diversity of thought, which is very important for an organization that’s trying to develop new products or services, to improve corporate governance, and even to hire the right people. And I don’t mean adding a few token women. I mean weaving women into the corporate fabric at every level, even top management.


The International Conference for Women in Business is at 25 years now – Congratulations on a quarter of a century!

A: Thank you very much. The conference started in 1996. We’ll have the 25th International Conference for Women in Business, on September 27, 2020. It is a celebration!  It is the largest diversity conference—and with the longest in history—in Japan. And I am proud to say that the ICWB has had an average satisfaction rate of 98% for the last 24 years. We draw women—and men—from a wide swath of industries, government, academia, journalism, and the arts—not to mention Olympians and astronauts.

This year, as the Conference will be held online,  we have participants logging in from all over the world. They join, not only to gain knowledge and information, but to meet and network with other highly motivated women and men. This is the gift of our Conference. 


What are you most excited about for this year’s conference?

A: This year’s theme is Go Beyond. Because of COVID-19, we had to make a lot of changes and many are very exciting. Now, we have access to speakers—and participants—from all over the world. This year, we have speakers from New York, Atlanta, NASA, Silicon Valley, Hawaii, Netherlands, Switzerland, Malaysia, and Tokyo so it will be very international, very active, and very stimulating. 

Under the Go Beyond theme, we will talk about not only embracing change, but going beyond COVID-19 and also beyond our own perceived boundaries. We all put limitations on ourselves, saying, “I cannot do more”. But if we go beyond our boundaries, then what kind of world would we encounter? We must stretch if we are to grow as individuals.

The event runs for 10 hours and we will talk about business, as well as careers and working executive mothers. For speakers, we have CEOs, Olympians, female and male executives talking about their diversity strategies, and even journalists and artists. 

If you are interested in Japanese business or Japanese women and would like to listen to those new stories and ideas, then join us. The event will provide English and Japanese simultaneous interpretation.


Last question, what is your message that you’d like to share with our audience? 

A: I really believe that networking is very important for career advancement, but also, networking helps you to expand your possibility and ways of thinking.

I often say that the “net” is just making connections. The important part is doing the “work”, adding value. So, networking is not just exchanging name cards, but learning about each other, and encouraging each other; it is because of your friendship or partnership that both of you move forward. Networking is very important. We can read or study by ourselves to gain knowledge, but our motivation, our energy, our inspiration? This comes from our human connections. So join us.


JAPANESE

スピーカー、CEO、作家、創設者、役員、コンサルタント、アドボケイト、メディア出演者、そして母親としてこれまでの人生で多くのことを成し遂げてこられました佐々木様ですが、このような成功に至った経緯と、それがどのように今日のあなたへと導いたのか、お聞かせください。

A:これまでの人生を語るには、何日もかかりそうですので、短く。私が働き始めたのは高校1年生の時。その時我が家は経済的に豊かではなかったのでアルバイトを始めました。その後、大学進学も起業も、親からの経済的は受けていません。起業家という言葉もない時代、ガイドブックも、ロールモデルもないなか、想像力を駆使し歩んできました。ですから、「日本初」「女性初」のことをたくさんしてきました。私は日本初の働く女性のためのネットワークを作りました。日本初の女性むけウェブサイトを作ったのも私です。日本初の働く女性のためのビジネス会議「国際女性ビジネス会議」も開催してきました。私は、無限の可能性を信じること、私を含めて周囲の人から学ぶこと、一つずつ実行しつつも自分の行動に責任を持ち、成功に向けて全力で取り組むこと、人に優しくすること、こういった基本的なことが成功へと導いてくれると信じています。


日本は、世界経済フォーラムが発表した2020年の世界ジェンダー・ギャップ指数で経済参画の分野において115位であり、先進的な民主主義国家で最下位となっています。これを念頭に置きながら、日本におけるジェンダーの多様性に焦点を当てるべきだという考えを持たない団体について、どのようにお考えですか?

A:確かに、男女雇用機会均等法が35年前に始まったにもかかわらず男女の格差は依然として大きく、政策決定者は政治、企業、メディアのすべてにおいて男性です。日本国では「自然に」は変わることがなかった。すでに、利権を持っている男性たちにとって、女性に席を譲るのは非常に難しいことなのです。しかし男性たちも、自分のビジネスに役立つと思えば、女性たちに扉を開けるでしょう。そこで私は30年近く、ダイバーシティがイノベーションの源泉であるということを話してきました。また、男性たちの耳に届く表現で、彼らにとっての利点を伝えてきました。ダイバーシティとは、思考の多様性。さまざまな情報が集まれば新製品が生まれ、多様な視点があれば、経営のガバナンスが高まり、それはプレゼンテーションに役立ち、雇用にもプラスの影響があり、優秀な人材を雇うことができます。 そのためにはデータも非常に重要ですので、このたび「ダイバーシティインデックス」を開発し、参加企業の組織のダイバーシティと企業価値の関係を数値化・可視化し、CEOとディスカッションをすることで、組織変革のサポート及びESG投資の支援をしています。


国際女性ビジネス会議は今年で25周年。四半世紀を迎えましたね、おめでとうございます。

A:ありがとうございます。この会議が始まったのは1996年。女性たちが日本ではビジネスについて学ぶ機会も、つながる機会もなかった時です。それが25年間の月日を経て、今年、2020年9月27日には、第25回目が開催されます。

国際女性ビジネス会議は日本最大規模にして最も長く続く会議となっています。また、過去24年間の参加者平均満足度が98%であることもすばらしい点です。なぜそんなにスペシャルか、というと、その理由は、朝から夜までストーリーと意図のある情熱的な贅沢なプログラムがあること。登壇者全員が意欲と愛情を持って講演し体験を語ること。そして、参加者全員が、一緒にこの会議をつくりあげようという積極的な意識を持って参加していることです。

このイベントはこれまでも国内外の志ある女性たちを繋いできました。参加者はこの会議に出席し、お互いに顔を合わせ、「志を持ち、前向きで精力的なのは私だけかと思っていたけれど、同じように思う女性がいるんだ」と感じるのです。

今年はオンライン開催されることもあり、さらにグローバルになり、さまざまな業界や世界中の都市から多くの人々が集まります。ニューヨーク、アトランタ、N A S A、シリコンバレー、サンフランシスコ、ハワイ、クアラルンプール、シドニー、アムステルダム、ロンドン、ジュネーブ、そして東京など、世界各地からトップリーダー、ロールモデルたちが登壇します。知識や情報だけでなくエネルギーを受け取る10時間です。


今年の会議で最もワクワクしていることは何ですか?

A: 今年のテーマは「Go Beyond(さらに前進する「先」に向かう)」です。新型コロナウイルスによって私たちは多くの変化に直面しました。3、4か月もすれば収束すると全世界が考えていたと思いますが、実際は違いました。私は新型コロナウイルスの感染拡大前、ここ数年にわたって25周年のために計画を立てていました。感染拡大が最初に始まった時、「大変、オンラインに移行しなければ!」と思ったものです。ですが今、オンラインへの移行は永久的なものになろうとしています。そうすると海外にいる全てのスピーカーにアクセスすることができ、また参加者も国際的になるということを意味します。非常に国際的で、アクティブで、刺激的な会議になります。

「Go Beyond」というテーマでは変化を受け入れるだけではなく、次の時代の働き方、暮らし方、また、自身が思い込んでいる限界をも超えることができる、そんなテーマで多様な分野から考えていきます。人は「これ以上は無理」といったそれぞれの固定観念や一定の境界線を持つことがあります。しかし、自分の境界線を超えるとどんな世界が開けるでしょうか? 自分をストレッチ(引き伸ばし)してみましょう。「先へと超えていく」ことはただ外へ出ていくだけではなく、人々を自分の場所に迎え入れることも意味します。これがインクルージョンです。

イベントは10時間にわたって行われ、ビジネスやキャリア、エグゼクティブのワーキングマザーについて話し合います。スピーカーにはCEOやオリンピック選手、エグゼクティブの方をお迎えし、ダイバーシティ戦略について語ってもらいます。また、ジャーナリストやアーティストも登場します。まずは、公式サイトで登壇者をみてください。日本のビジネスや日本の働く女性に関心のある方、グローバルに活躍することに興味を持つ方、ご参加ください。すでに中学生からの申し込みもありました! 新しいストーリーやアイデアに触れたいと思うのであれば、ぜひご参加ください。会議は日英同時通訳がつきます。


最後の質問です。オーディエンスと共有したいメッセージは何ですか?

A: 仕事の力を高めるためにネットワークが重要だと思いますが、ネットワークは自らの可能性や考え方を広げるのに役立ちます。私は日頃から、「ネット 」とは単にお互いを知っていること、または繋がっていることであると発信してきました。そして重要なのは「ワーク」の部分だと。ワークとは、互いにプラスを作ることを意味します。ですから、ネットワークは単に誰かと知り合い、繋がり、名刺を交換するといったことだけでなく、お互いに学び、励まし合うことも含まれます。そこから生まれた友情やパートナーシップのおかげで、お互いが前進していけるのです。国際女性ビジネス会議に参加して、自分の思考を広げ、可能性に触れ、オンラインでも行われるネットワーキングで繋がり、その元気で成長していって欲しいと思います。